11-29(金)夜能 「黒塚」シテとして出演させていただきました

掃除機

黒塚は好きな曲の一つで、子供の頃に能ごっこ遊びでよく真似して楽しんでいました。

後シテが負柴(オイシバ)を持って出て来ますが、それを掃除機の繋ぎ棒にビニール紐を通し背負い、腰巻の変わりに布団を巻き付けて、黒塚の内容など分からず1人楽しんでいた昔を思い出しました。

今回お役を頂いた時に、道成寺を控えた役者は黒塚を舞わせて頂けるのですが、(後のイノリの部分が似ている型の為)道成寺を意識して舞台に臨みました。
丁寧に、寂しさ、哀しみ、怒り、恥ずかしさを演じる事の難しさを実感しました。
追求すればするほど難しいのが能であり、
出来た、完成、という事が無い無限の世界で、
昔に何故黒塚が好きだったのかを片隅に考えながら稽古し、舞台に立たせて頂きました。

感想を一言で表すと、やっぱり難しいですけれど、好きですね。

11-24 大仙公園日本庭園 開園30周年記念事業 水上薪能「猩々」シテを演じさせていただきました

2019年11月24日 (日)大仙公園日本庭園

天気の子

前日の快晴とはうって変わり、朝からどんよりした、今にも泣き出しそうな空模様でした。

2、3日前までは80%の確率で雨予報でしたが、時間が経つにつれ雨雲は南下し、終には夕陽が差し込み、青空が広がり、眼に見えない私を守って下さる存在に感謝の思いでいっぱいでした。

最高のロケーションの中、その眼に見えない存在、来てくださったお客様、主催者、出演者、全ての方へ感謝し、猩々を舞わさせて頂きました。

叔父からは、「何事も信念を持っていれば」との言葉を頂き、まさに!と、改めてそう思いました。

今の私は、成るようにしかならない、雨が降ったら仕方ないじゃない?位で、時の流れに身を任せる生き方をして来たので、改めて信念を日常から持って生きていかなければならないと、思い直させて頂ける言葉だったなと身に感じました。