2021年7月3日 辰巳孝太郎百回忌、辰巳孝十七回忌追善能および7月4日 香里能楽堂五十五周年特別公演に寄せて

2021年7月3日に開催いたしました、辰巳孝太郎百回忌および辰巳孝十七回忌追善能の感想を書き留めさせていただきます。

私の高祖父の孝太郎と、祖父の孝の追善能にて「清経」を務めさせて頂きました。

偶々重なった回忌により、叔父の「半蔀 立花」、兄と従兄弟の兄の長女による「海人」と、初めて一族がシテを務める催しが開催されました。

当日は熱海の山崩れにより、新幹線が遅れ出演者、お客様も間に合わなかった事もありましたが、無事に舞台は進められ、「清経」を終えました。

元は2月に行われる予定でしたこの催しでして、昨年末より稽古をしておりましたが、昨今の状況により、延期されました。半年延期となると、本当に半年後に開催されるのか?と焦りと不安を抱き、また香里能楽堂が7月から工事が始まる知らせは伺ってましたので、無事の開催を願って止みませんでした。

色々な事象が重なりながらも、催しも終えられましたのも、御先祖様、辰巳家を支えて下る全ての方、応援してくださる方々の御陰様でした。

もう一度、「清経」舞いたいです!

辰巳大二郎

7月4日 香里能楽堂五十五周年特別公演

香里能楽堂五十五周年特別公演ついに、現在の姿最期の公演。

朝から気合い十分に、無事を願って家を出ました。

「大蛇」(オロチ)は大阪では三十五年振りの上演になり、観世流には無い曲目ですので、御ワキ方、御狂言方、御囃子方、それぞれ大変遠い(滅多に出ない)曲目になります。

大蛇が酒を呑み酔っ払うシーンに使われる酒船の作り物が出てきますが(出さない演出も有り)大阪には酒船の作り物が無いので一生懸命作りました。

後シテも普段は龍神の出で立ち(黒髭の面に龍の冠)前日に「海人」にて使用しましたので、重ならないようにと、真蛇の面(辰巳家の真蛇の面相が龍蛇、男蛇の為)に黒頭と初めての試みでの演出になり、大変良かったと思います。

そして留の宝生御宗家による「七人猩々」こちらも大阪では三十年振りの上演になり、五十五周年の締め括りにふさわしい演目でした。

香里能楽堂は橋掛かりが短い為、最期のシーンでは六人の猩々が並ぶので、相当密でしたが、なんとか無事に終える事ができました。

この三日間は準備は毎日大変でしたが、能楽堂に感謝を込めて舞わせて頂く事ができました。お天気にも恵まれ、沢山のお客様にお越し頂き盛会に終える事が出来ました。

皆々様、大変感謝申し上げます。

辰巳大二郎

【御礼】香里能楽堂立ち退き前に、生きた舞台の映像化を-無事に終了いたしました

現能序章2021

この催しは、私の親友と企画させて頂き、また、世の中のコロナ禍で必死に働いて下さる医療従事者の方々、舞台、Liveが困難な方々、あらゆる方への感謝と、新しい時代を担われる人々に希望を込めた催しの趣旨になります。

親友の彼とは高校三年間同じクラスで、舞台に誘っては来てくれ、また私もバンドマンの彼のLIVEにも行かせて貰いました。

お互いに共通する、お客様に足を運んで頂ける魅力のあるイベント出来ないかと、考えてくれて今回の運びとなりました。

能もLIVEも一期一会、一発入魂の共通する生の新鮮さ、新しい物を取り入れながら、歴史を伝え残す能の精神が、彼とピッタリハマりました。

それに呼応して下さった方のご好意で、セッティング段取りはたくさんの方々の支えや応援のお陰様で、なんとか形にして頂きまして、無事に開催させて頂く事が出来ました。

京阪電車の立体交差事業により、香里能楽堂が7月21日から工事が始まり、次の移転先まで五年と、能楽堂が無い状態で、流儀の催しを紡いで参ります。

別に能楽堂に拘らなくてもと言う固定概念を取り払う機会でもありますし、やはり能楽堂で見て頂きたい気持ちと複雑でございます。

7月2日は、今迄この地で能の公演をさせて頂いた感謝の気持ちを込めて舞わせて頂き、新たに次の舞台と時代を支えて頂くのは、何よりもこれから生まれて来られる、未だ知らない人によって、伝えていかれるんだと改めて考えました。

だから一所懸命生きないとと。

香里能楽堂の最後を映像に残すプロジェクトにご協力、携わって頂いた出演者、関係者、ご支援賜りました方々への遺言になっていくのではと存じます。

尚、この催し開催に至る迄4月より私に密着して下さったテレビ大阪の放送が7月14日のやさしいニュースにて、ドキュメンタリーでお届けさせて頂きます。
YouTubeにてもご視聴頂けますので、是非御高覧賜りますよう、宜しくお願い申し上げます!

『熊坂』 シテを務めて

6月19日 五雲能 「熊坂」シテとして出演 宝生能楽堂 東京

http://www.hosho.or.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/2021%E5%B9%B46%E6%9C%88%E4%BA%94%E9%9B%B2%E8%83%BD.pdf

熊坂を演じさせて頂くのが、これで二度目でして、初演はちょうど10年前、しかもその日も祖父の辰巳孝の命日でした。今回は母方の祖母の一周忌。

熊坂の最初の謡出しに「今日は去るものの命日にて候。弔いて賜り候へ」と言う詞が御座いまして、奇妙な巡り合わせに何かあると感じました。

同じ能を二度、三度と、能楽師は舞台を重ねますが、やはり初演の時よりかは幾分気持ちを落ち着かせる事が出来ますが、初演よりももっと表現力や存在感、謡方等を突き詰めますので、いつも課題が残ります。

「烏帽子折」の熊坂は現在能になりますので、63歳の熊坂と、亡霊の熊坂とではやはり位取りが違います。
その「位」がやはり難しく、悩める部分でした。
誠心誠意能を演じる事の難しさを、改めて痛感致しました。

大変な状況の中開催されました宝生会、
応援にお越し頂きました皆様に感謝申し上げます。