1/26(金) 夜能_能 放下僧/雅楽/仕舞 巻絹 山姥

1月26日(金)は夜能〜夜楽の調べ1回目 @宝生能楽堂

フライデーナイトに、記念すべき第1回目の夜能!

時間の進み方が早い日本社会。自分と向き合う時間はとっても重要です。
平日の夜に、気軽に楽しむ伝統の世界。伝統の担い手たちによる、能楽と話の音色に浸る至福のひととき。
お一人で(お忍びでも!)、気心の知れた方とご一緒でも、伝統芸能はハードルが高くてちょっと…という方も、この機会に宝生能楽堂に足を運んで見てくださいね。


初めての方、能に触れられている方にも嬉しい3つのポイント!

1.邦楽にチャレンジ!「対談解説」つき。
ゲストナビゲータと邦楽奏者、能楽師に夜鼎談式の解説。
演目解説のみならず、演者してんの鑑賞のポイントまでを丸ごとご案内します。
今日から邦楽デビューという方にも、頼もしい味方です。

2.本当の「お仕舞(おしまい)」
日常的に使う言葉「おしまい」。この語源が、実は能楽にあるとご存知でしょうか。
現代でいうアンコールのようなもので、公演の最後に紋付袴で謡のみで舞を舞います。夜能では、公演の最後に、特別なお仕舞いをご披露します。

3.宝生能楽堂「ナイトモード」
いつもの能楽堂が、おしゃれでゆったりした空間に変身?!
開場(17:30)より開演(18:15)まで、ビストロAbats.による夜能プレ・ディナーワンプレート(ワンドリンク付き)を¥1,600にてご提供します。


【 鼎談解説 】

18:15
司会:    日置貴之(白百合女子大学准教授)

雅楽【 二つの鼓 】

18:40
太食調 合歓塩(たいしきちょう・がっかえん)
高麗壱越調 貴徳急(こまいちこつちょう・きとくのきゅう)

笙(しょう) 三ノ鼓(さんのつづみ) 中田太三
篳篥(ひちりき)鞨鼓(かっこ) 三浦元則

能【 放下僧(ほうかぞう)

19:00
シテ: 山内高生
ツレ: 辰巳大二郎
ワキ: 安田登
間 : 野村万之丞
後見: 辰巳満次郎
後見: 川瀬隆士

大鼓: 大倉栄太郎
小鼓: 森澤勇司
笛 : 槻宅聡

地謡: 金井賢郎・今井基・今野泰大・金森隆晋
地謡: 和久荘太郎・高橋亘・大友順・當山淳司

大二郎は、ツレで出演します!

仕舞【 巻絹・山姥 】

20:05
巻絹(まきぎぬ): 當山淳司
山姥(やまうば): 大友順
謡 : 朝倉大輔・辰巳満次郎・今野泰大・藤井秋雅

20:15 終演予定
お時間は当日の演目によって異なりますので、あらかじめご了承ください。

 

“1/26(金) 夜能_能 放下僧/雅楽/仕舞 巻絹 山姥” の続きを読む

放下僧_ほうかぞう Houkazou

牧野小次郎の父は、利根信俊に殺され、小次郎は父の仇を討つことを決意します。
小次郎は禅門にいる兄を訪ねますが、兄は時節を待てと反対をします。しかし、小次郎は唐土(からど、中国)の仇討ち話を引き合いに出し説得に成功します。

二人は放下僧に身をやつして仇討ちに出かけます。

瀬戸の三島で信俊に遭遇した二人は、信俊の伴のものに取り入り、禅問答を仕掛ける信俊に当意即妙の返答をしながら、虎視眈々と敵の隙を伺います。

そして、曲舞や鞨鼓など様々な芸を見せた末に、信俊が油断した隙を見計らい首尾よく本懐を遂げます。