【公演】12/20日本の伝統美 宝生能楽堂に集う。

辰巳大二郎は、能「高砂」能「羽衣」でシテとして出演

日本画・大和絵の伊東正次(いとうまさつぐ)師、尺八の安島瑶山(あじまようざん)師、箏の阪元沙有理(さかもとさゆり)師とともに、日本の伝統美が集う会です。

なんと、実物の日本画が、能舞台に。

伊東師の画の素晴らしさもさることながら、その大きさと迫力にも魅了されること間違いなしです。

日本古来の楽器が奏でる尺八や箏の音色。
いつもの能楽堂の雰囲気がガラリと変わる、競演と融合のひとときにご注目ください!

辰巳大二郎は、能「高砂」および能「羽衣」でシテとして出演させていただきます。
どうぞお楽しみに。

2021年12月20日18:00- 『日本の伝統美 宝生能楽堂に集う。』
2021年12月20日18:00- 『日本の伝統美 宝生能楽堂に集う。』

2021年12月20日(月)会場18:00 開演18:30

水道橋 宝生能楽堂

観覧料 10000円(全席自由)

曲目 【みだれ】【春の海】

能 【高砂】

住吉明神: 辰巳大二郎
ツレ: 辰巳大二郎
地謡: 和久荘太郎・田崎甫・石黒空・石塚尚寿

能 【羽衣】

天女: 辰巳大二郎

笛 : 栗林祐輔
小鼓: 曽和伊喜夫
大鼓: 亀井洋佑
太鼓: 林雄一郎

地謡: 和久荘太郎・田崎甫・石黒空・鶴田航己

後見: 石黒空

心や魂の問題に何らかの提言や示唆を与える、あるいは、魂の救済を図る最良の手立てを持つのが「芸術」です。芸術はさまざまな心模様を生の形で扱いつつ、魂をある世界へと誘います。私たちの心や魂を取り扱う「芸術」は何によって、賦活され活性されるのでしょうか。それは、一人一人が「己の魂と向き合う」ことです。心や魂と向き合う時間と場を与えてくれるのが「能」なのです。

大和絵師・日本画家 伊東正次

お問い合わせ先
一般社団法人 ARTJAPAN和SOCIETY
担当 長尾まこ
mako.iostar[あっとまーく]ezweb.ne.jp

橙白会関係者は、橙白会会員ツール(Slack等)でもご連絡を承ります。

主催:一般社団法人 ARTJAPAN和SOCIETY
協力:宝生能楽堂 クライス音楽事務所 一般社団法人:samurai.jp

演出:伊東正次
音楽監修:白井優次
企画・映像:横野勝
アートディレクター:長尾まこ

2021橙白会お浚い会 開催しました

2021(令和3)年9月11日橙白会おさらい会

1.七宝
全員

1.七宝

2.素謡 鶴亀
大平登久恵 後藤幸子 星谷卓子

2.素謡 鶴亀

3.素謡 猩々
石井康子 都築照男

4.素謡 玉葛 初め~クセ前迄
岡田啓子 衣笠閑月

4.素謡 玉葛 初め~クセ前迄

5.素謡 西行桜 ワキいかに面々~クセ前迄
益子陽子 井上豊年

5.素謡 西行桜 ワキいかに面々~クセ前迄

6.素謡 熊坂 待謡~
木村秀雄 衣笠祥雲

6.素謡 熊坂 待謡~

7.素謡 羽衣 ワキ我三保の~地次第迄
武井和江 井上豊年

7.素謡 羽衣 ワキ我三保の~地次第迄

8.素謡 胡蝶 ワキ急ぎ候間~クセ前迄
後藤幸子 都築照男

8.素謡 胡蝶 ワキ急ぎ候間~クセ前迄

9.素謡 紅葉狩 初め~クセ抜き中入り迄
衣笠閑月 井上豊年 大二郎師

9.素謡 紅葉狩 初め~クセ抜き中入り迄

10.素謡 半蔀 初め~クセ前迄
都築照男 益子陽子

10.素謡 半蔀 初め~クセ前迄

11.素謡 草紙洗 シテ恨めしの~草紙之段の後、物着後~終わり迄
衣笠祥雲 井上豊年 大二郎師

11.素謡 草紙洗 シテ恨めしの~草紙之段の後、物着後~終わり迄

12.仕舞 熊野クセ
星谷卓子

12.仕舞 熊野クセ

13.仕舞 田村キリ
石井康子

13.仕舞 田村キリ

14.仕舞 紅葉狩クセ
大平登久恵

14.仕舞 紅葉狩クセ

15.仕舞 玉葛
岡田啓子

15.仕舞 玉葛

16.仕舞 山姥キリ
木村秀雄

16.仕舞 山姥キリ

17.仕舞 国栖
出雲路啓

18.仕舞 岩船
益子陽子

18.仕舞 岩船

19.仕舞 笠之段
衣笠閑月

19.仕舞 笠之段

20.仕舞 通小町
井上豊年

20.仕舞 通小町

21.仕舞 羽衣クセ
武井和江

21.仕舞 羽衣クセ


22.写真撮影

皆様お疲れ様でした!

能楽は、手を付いてご挨拶をします。今後もずっと、変わらない伝統と思います。
橙白会メンバーも、また日常へ!